借金 一本化 通らない







借金の一本化とはまとめローンのこと

 
借金の一本化については、多重債務者にとっては救いの商品です。
まとめローンとも言われていますが、銀行系、消費者金融系のキャッシング商品として取り扱っています。

主力商品ではない?
大手消費者金融や銀行カードローンの宣伝では、一本化の商品はあまり前面にでません。
CM等で取り扱われるのは、フリーローンばかりです。
ホームページを見ても、わざわざ探さなければわからないほど目立ちません。

借入ができるものですが、金融業者すべてであるものではなく、大手消費者金融などでは一部の金融業者しかないのが現状です。
銀行系では、フリーローンでワイドな利用限度額ですから、まとめローンでなくても借金の一本化として、フリーローンをオススメしている場合が多いです。
ですから、実際には、売られていないと思っている方も多いです。

審査担当者談

ある大手消費者金融の審査担当者談として、借金の一本化について聞いてみました。
消費者金融では、借金の一本化については、慎重な審査を要します。
なぜなら、総量規制対象外の商品であることが大きな要因です。

限度額が総量規制を越えるということ、対象金利が下がることで、消費者金融としては大きなリスクを抱えることになります。
信用情報の内容はとても重要ですが、完済までの返済がよほどきちんとしていないと、なかなか審査を通さないのも事実です。
年収がそれなりに高い、完済経験が多い、多重債務者の行動などを審査することになりますが、簡単に利用の門を開けることで、借金の一本化が簡単に申し込める方たちにはしたくないのが本音です。

消費者金融の言い分
要するに、多額の利用限度額を設定しなければならない借金の一本化は、利用者が途中で返済できなくなってしまうことは絶対に回避したいということです。

第一多重債務者であることが条件の借金の一本化については、それまでの借金の方法に問題があると見る消費者金融も多いです。
今度も必要以上の多重債務者になる借入件数が増えれば、返済ができない不安も抱えることになります。
キャッシングは、債務者にとって嬉しいことが金融業者にとっては反対の意味があります。

多重債務解消と返済額の減少をうたう借金の一本化ですが、リスク回避のための厳しい審査は、どれだけのリスク軽減ができるかを探ることになります。
1つでも個人信用情報機関での金融事故があれば、審査基準に合わないと審査落ち、融資が受けられないことになります。
借金の一本化がなかなかできないのは、金融業者の複雑な理由があるからです。
多重債務者を歓迎する形ではないことは確かです。



▲TOPにもどる



まとめローンか?債務整理か?答えはコレだ


まとめローンの審査はなかなか通らないのですが、債務整理と比較する方も多いです。
現在、多重債務者で返済が大変だからまとめローンにしたいという悩みに対しては、こんな回答が多いです。
まとめローンvs債務整理で検討している方は、迷わず債務整理を選択しなさいということです。

まとめローンと債務整理の共通点
この2つの共通点は返済額が減少することです。
まとめローンは金利が低くなり、債務整理は金利カットや債務全体を圧縮することです。

このことで、どちらの方法が良いかと言うのは一目瞭然です。
多少の金利低下が、日々の暮らしが劇的に変わることはないです。
しかし、債務整理で自己破産になると借金がなくなりますし、任意整理でも利息がなくなることが多いです。
大手消費者金融のローンカードを何枚も持ち、多重債務者で返済が苦しい、ではまとめローンではなく、債務整理で一気に楽になりましょうということです。

金融業者では、まとめローンの審査基準は底上げをしています。
総量規制対象外で利用限度額が大きくなってしまう。
それだけでもフリーローンの審査基準を引き上げる要因ですが、審査落ちしそうな方については最初から相手にいなことが多いです。
ですから、単純にまとめローンと債務整理については、最初から債務整理の選択が妥当です。

まず審査に通らない

債務整理をしなければならないよう名個人信用情報の方は、まとめローンの審査は通りません。
既にブラックリスト、金融事故がある場合には、審査そのものが厳しいものになっています。
金融の信用がない方に、「あなたの多重債務を責任を持ちましょう」という奇特な金融機関や金融業者はありません。

そこで問題なのが中小消費者金融のまとめローン
最近中小消費者金融では、借金一本化の商品を取り扱っているところもあります。
大手消費者金融審査落ち後、中小消費者金融のフリーローンの申込をした時に、まとめローンの文字が気になります。

現時点で、中小消費者金融のフリーローンを借りれたとしても数万円。
それなら、総量規制対象外のまとめローンでまとめて多重債務も解消したいと思うのは納得のことです。
そこで、借入先の中小消費者金融の審査に申込んだら、審査通過してしまうことがあります。
返って、勧められたという方もいます。

返済専用ローンのまとめローンに関しては、中小消費者金融の金利に注目です。
元々フリーローンでも大手消費者金融より高い金利で、まとめローンになっても大手消費者金融のフリーローンと変わらないことが多いです。

ということは、中小消費者金融のまとめローンに関しては、今と変わらない返済額になることは簡単にわかることです。
それを返済額を小さくしたとしたら。
単純に返済期間が長期化し、返済総額が大きくなるばかりです。
ですから、中小消費者金融のまとめローンをしなくてはならないほど、返済に負担を考えているのなら、ここで行うのは債務整理でしょう?ということになります。

金融事故がある方などは、特に債務整理がおすすめです。
儲けを出したい中小消費者金融では、返済額が大きくなることは歓迎ですから、多重債務者でもう既に総量規制に高い借入額がある方には、進んでまとめローンを勧めることがあります。
選択肢は絶対に誤らないことです。



▲TOPにもどる



まとめローンより銀行カードローンが良い


借金一本化のまとめローンおすすめは銀行カードローンです。
その理由として、消費者金融系のまとめローンは一見良いのですが、借入額によっては、何の得もないことがあります。

多額が良いのだけど
多重債務者で借入残高が多い、カードローン審査が不安という方がまとめローンを検討することも多いです。
しかし、そのよう場合に限って審査に落ちます。
まとめローンは、債務者に有利な金融商品として、消費者金融では総量規制対象外の貸付と特別な存在です。

しかし、商品によっては、銀行カードローンよりも高い金利が目立ちます。
特に借入れたいまとめローンの金額が低いと、フリーローンと変わらない金利設定になります。
ですから、最初から銀行のフリーローンの申込をする方が、低金利キャッシングをすることです。
借入金額にもよりますが。

借入件数が多いと審査落ち
まとめローンの借入額が小さいと金利が高い。
しかし、借入件数が多いと審査落ち。
ということは、多重債務者で借入件数が少ない、それなりの借入残高がある方が絶対に有利ということになります。

100万円以上のまとめローンの金利は低いですが、そこまで行かない時の消費者金融のまとめローン金利は、銀行カードローンよりずっと高いことが考えられます。
消費者金融のまとめローンには、審査が厳しく、借入件数で3社でも審査落ち。
全くもって、審査に通らない人が続出です。

大手消費者金融のまとめローンの審査通過ができる人

多重債務者の1つが多額の借入金で、その他はたいしたことがない方が有利です。
小さな金額をたくさん借りている方は、信用がないのですが、大きく借りれる方の信用度は大きいです。

多重債務の借入件数に関しては、少なくて大きな借入がまとめローンに最適です。
収入が高く、返済能力が高いことが条件になりますが、消費者金融の審査基準に関しては、とにかく借入件数が少なく借入額が高い方ほど有利です。

だから銀行カードローンでスッキリと
フリーローンで低金利の銀行カードローンは、消費者金融で言うまとめローン同様に審査は厳しいです。
ただし、申込の時にまとめローンとして使いたい等目的をはっきりさせることで、審査通過ができます。
金融事故などがない方に限定のことですが、確実に月々返済額が減少できると予想できる銀行カードローン。

まずは申込をしてみて下さい。
シミュレーションから消費者金融のまとめローン以上に年間返済額が小さくなるのなら、その方が良いです。
ただし、銀行カードローンも多重債務者には少し厳しい審査になることは覚悟して下さい。
ここでダメなら、大手消費者金融のまとめローンですが、審査はフリーローンの審査基準以上の厳しいものになります。



▲TOPにもどる



まとめローンに必要な4つの条件


まとめローンはフリーローンよりも審査が厳しいです。
簡単に審査通過がなかなかできない理由は、返済額が大きくなるからです。

勤続年数
意外と知られていないのが、審査要件の一つに勤続年数が挙げられていることです。
最低5年程度の勤続年数が必要とされています。
この長さは、フリーローンでは1年くらいでも審査に通るので、いかに借金一本化が困難だといえます。

大手消費者金融のまとめローンは、フリーローンより平均2%以上の金利が低くなります。
そのメリットを受けるためには、完済確率がより高い方と限定されます。
毎月必ず返済と言うのは、収入の安定を求められるのは当然のことです。
カードローン契約よりも返済負担率が低くなることで、誰でも利用したいところですが、そう簡単ではないのです。

個人信用情報の内容
信用情報での金融事故は絶対に審査落ちです。
何か1つでも異動情報であるブラックリスト要因があるだけで、大手消費者金融での借金一本化は無理です。
債務整理等大きな金融事故ではなく、延滞経験などは、完済ができないと判断されてしまいます。
返済日を厳守した支払い実績と完済記録がたくさんある方の方がより高い確率で審査通過ができます。

多重債務の内容

借金の一本化をするときに、できるだけ少ない他社借入が要求されます。
多重債務が多いからまとめローンにしたいという申込ものも思惑は見事に破られ、あまり多くない多重債務だけに審査通過ができる結果になります。

このことは、大手消費者金融のフリーローンの審査とも関係していて、もともと2社程度の多重債務しか審査は通りません。
多重債務の借入件数が多くフリーローンの審査に通らないよう個人信用情報内容でのまとめローン審査は最初から相手にされないということです。
よって、まとめローンの審査なかなか通らないと悩む方もいます。

支払いを延滞
どんな金融業者でも延滞している方への借入はできないです。
審査の甘い中小消費者金融でも、延滞している状態で審査通過はないです。
延滞しているほど返済が大変だからまとめローンにしたいと言うのは、申込者の本音です。

ただし、それは同時に自分はいつでも返済ができなくなってしまうと宣言しているようなものです。
債務整理の過去よりも延滞している方の方がずっとリスクが高いと判断されてしまうのです。

住宅ローンにしても、金利の低い商品の借り換えは非常に厳しい審査があると言います。
借入限度額が高くなるまとめローンにしても同じで、完済ができる可能性が高い方のみが利用できる借金一本化のまとめローン。

魅力的な商品で返済額が小さくなることから、より慎重な審査が待っています。
大手消費者金融のまとめローンに審査通過する方は、とても少ないといいます。



▲TOPにもどる



消費者金融が借金一本化を渋る理由


返済負担率が高いまとめローンは、借金一本化され、多重債務が解決します。
金利はフリーローンよりも低いのがメリットですが、審査通過ができるのは難しいとされています。
消費者金融では総量規制対象外ですから、年収3分の一以上の借入ができます。

収入の安定
まとめローンの返済期限は10年程度と長いです。
しかし、金利が低いので、多額の借入でも無理のない返済方法で、借金ゼロを目指すことができます。
消費者金融では総量規制対象外の商品ですが、この位置づけは債務者に有利な内容です。

ということは金融業者にとってはリスクが大きい事から、返済がきちんとできることが条件として大きな要件です。
この返済が確実にできるかどうかの判断がより厳しい審査の原因でしょう。

金融事故はないのに審査落ち
消費者金融での審査落ちをしてしまう原因の1つは、金融事故です。
多重債務であることは、まとめローンですから当然のことですが、延滞や債務整理等をしている方は借りれないでしょう。

しかし、目立った金融事故もないのに、審査に通らないことはとても多いです。
まとめローンの金融事故なしの信用情報は当然のことであり、求められるのはそれ以上の信用情報です。

まっさらな信用情報

金融事故がないだけではなく、借金のしかた等もチェックされます。
多重債務の借入件数が多いとか、短期間でいきなり多重債務になっている、住宅ローンやカーローン等の他の目的ローンも多い等、フリーローンでは確認しない信用情報をすべて見られます。

特に銀行カードローンを持っていたり、総量規制以外の借金で順調に返済をしている方でも、借金内容をみられて審査通過ができない結果になる人は多いです。
少なくとも、今の状態でカードローン契約が不可能な方は、借金一本化はできないでしょう。
ですから、中小消費者金融等のまとめローンの場合、まとめローンか債務整理かで迷う方も多いですが、選択肢として横に並ばないといえます。

借金一本化の難しさ
メリットはこの2つです。
  • メリットばかりではなくデメリットは確認しましょう。
  • 多重債務がなくなる、月の返済負担が小さくなる。
しかし、借入額が大きくなると、返済負担が小さく返済期間が長くなることがあります。
これは総返済額が増大してしまい、長いあいだダラダラと返済を続けることになります。
また、途中で総量規制に余裕ができることで、まとめローンしながらの新規キャッシングをしてしまう方も少なくありません。

せっかくのまとめローンに集中できないという事態になる方も少なくありません。
ですから、余計に信用情報で、債務整理はもちろんですが、借り方などにもチェックが入ります。
まとめローンをして新規のカードローン契約をしてはならないことはないのですが、それをしてしまうことで、信用を落とすのは必至です。

必ず完済が約束できると予想される方のみ審査通過ができます。
よって、借金一本化はとても難しい商品だといえます。

▲TOPにもどる


このページの先頭へ戻る