消費者金融 借金 一本化






消費者金融のまとめローンの審査


まとめローンを考えてる方は多重債務者です。
消費者金融カードローンを何枚も持っている、あちこちでのキャッシングをしている、クレジットカードのキャッシング枠も使ってしまった方などは、借金一本化の借り換えローンができれば理想のキャッシングができると思っている方はきっと多いです。
まとめローンは借り換えをして得をすることが大切です。

審査が厳しい分喜びは大きい
まずまとめローンの借り入れはそんなに簡単ではないです。
特に、信用情報に金融事故があれば審査通過はないです。

大手消費者金融のフリーローンの審査が難しい方は、まとめローンはできません。
これはブラックに限らず、総量規制ギリギリの多重債務者などは最初からまとめローンはできないと思って下さい。
矛盾点もありますが、まとめローン、借金一本化ができるのは、総量規制をそれほど使っていない、多重債務と言っても借り入れ額も借り入れ件数も少ない方が対象です。

なぜ多重債務者は審査に通らない?

もともと借金一本化の審査対象者は、返済に余裕がある限定です。
返済が苦しい方に、返済上限金利が低いまとめローンの紹介はしないということです。

まとめローン審査は、高い返済能力で必ず完済できることが条件になります。
個人信用情報機関に金融事故、延滞などをしている方は、返済に不安があることで相手にされないのです。

借り換えができるということは、信用が高い証拠であり、返済が苦しい方は、まとめローンではなく、債務整理にして下さいということになります。
ですから、多重債務者解消といっても、今より審査は厳しいですが、返済ができますか?という質問が前提です。

まとめローンは返済専用
まとめローンを契約すると、現金でキャッシングと消費者金融側で返済先に完済する形があります。
キャッシングがすべて際に完済され、その金額をただ返済するだけのローンになります。

利用限度額は総量規制対象外になる、消費者金融側としては、リスキーな契約になることから、誰でも対応にはならないです。

ブラック対応と真逆の審査になります。
多重債務者で、返済がとても大変だから借金一本化をしたいという要望も聞かれます。

ただ、この選択は、無駄な審査落ちに遭うことになります。
大手消費者金融の場合は、このような状態になりますから、苦しい中でも少しでも借入残高や借入件数を少なくして申し込むことをおすすめします。

大手消費者金融の場合、借入件数が3社から2社、借入残高が10万円以上少なくなるだけで審査通過率が高くなります。
この時に延滞だけは絶対にしないことです。

返済日厳守で、数ヶ月我慢すると、無事に借金一本化ができることが多いです。
中小消費者金融のまとめローンの場合は、事情が変わりますが、大手消費者金融のまとめローンを検討している方は、少しでも少ない多重債務であることが条件です。



▲TOPにもどる



弁護士がまとめローンを勧めない理由


借金一本化のまとめローンのメリットとデメリットは背中合わせです。
利用限度額が大きいことで、返済計画をきちんとたてないと大損をしてしまうローンです。
弁護士等のサイトでは、まとめローンはするなという警告も目にすることが多いです。

毎月の返済額を減らしたい
単純に毎月の返済額が少なくなるのは嬉しいことです。
ただ、借り換え後、多重債務の時点の返済額を少なくすることで、返済期間が長くなることがあります。
上限金利が下がり、返済額が小さくなり、返済期間が変わらないことでまとめローンのメリットは非常に大きいです。

しかし、返済期間が長くなると、金利差が少ないと返済負担が大きくなります。
見た目で、月に数万円の返済額の減少があると表記されるまとめローンですが、シミュレーションをすると、その差がたいしたことがないことが多いのです。
弁護士がまとめローンに否定的なのはそういうことです。

中小消費者金融では返済額が増額
最初から金利が高い中小消費者金融の借金一本化は、総量規制対象外で1つの返済日になると宣伝していますが、大抵金利が大手消費者金融のフリーローン並です。
ということは、単純に総量規制対象外の多額の融資可能額を借りたとしたら、金利が高く、返済期間も長く設定することで、とんでもない返済額になってしまいます。

借金一本化で得をする人

返済額を多少少なくしたとしても、必ず返済期間を無用に長くせずに完済できる人です。
返済額を小さくする、返済期間は延長しないことができる人こそ、借金一本化はメリットが大きいのです。

誰でもよいのではなく余裕返済が約束できる方が審査通過もでき、債務者も得をします。
多重債務者解消は、まとめローンでするのには、余裕のある方ということになります。

弁護士と債務整理
弁護士がまとめローンしたいブラックリストに近い人には必ず債務整理をおすすめします。
ブラックではなくても、借金整理という意味での任意整理の紹介もあります。
まとめローンは見た目も返済額の減少も良いのですが、消費者金融がそんなに損をしない仕組みになっています。

また、審査を厳しくすることで、不良債権化を防止しています。
派手に宣伝もしないのはそういった理由もあります。
まとめローンでの債務整理は絶対に回避したいところ、多重債務の返済先の完済は良いのですが、その負の財産を背負う消費者金融にはなりたくないという事情もあります。

弁護士の言うとおり
多重債務の額が多い場合は、不利になる契約です。
最初から債務返済額減少を目論むのなら、大幅な金利低下ができるまとめローンしかありません。
しかし、大手消費者金融のまとめローンの場合、それほど恩恵が受けられる商品がないのも現状です。
返済期間を伸ばさずまとめローン契約、それができるというのなら、本格的に検討してみても良いでしょう。



▲TOPにもどる



銀行以外の借金一本化は大損?


まとめローンといえば、多額の多重債務者には銀行カードローンがおすすめです。
住信SBIネット銀行のMRカードローン、イオン銀行カードローン等はワイドな借り入れで、10%以下の低金利キャッシングが実現します。

消費者金融ではここまで得はない
審査が厳しい銀行カードローンの魅力は低金利です。
10%以下のまとめローンも多く、多重債務の返済先は15%以上であれば、多少返済期間が伸びたとしても得になります。これぞまとめローン、借金一本化の価値があるといえます。

消費者金融のまとめローンは、銀行カードローンの債務は入りません。
しかし、銀行カードローンの場合は、借入金を消費者金融の多重債務者に充てることができます。

おまとめローンの審査は厳しい
得の多い銀行カードローンは、消費者金融の多重債務者では審査に通ることはないでしょう。
では、大手消費者金融や中小消費者金融での借金一本化というと、銀行ほど低金利ではないため、得は小さく反対に損をしてしまう取引になります。
なかなかうまく行かないことですが、借金一本化は消費者金融としてもあまり歓迎していないことが理由にあります。

多重債務はブラック要件

多重債務で審査通過になるのは2件程度と言われています。
借り換えも2件の多重債務を一本化が限界です。

それも総量規制の範囲内で少ない程度です。
総量規制の大半を借入金としている場合、まとめローン審査上のブラックになってしまいます。
多重債務は要件としてはマイナスの理由が大きいのです。

中小消費者金融で甘い審査でまとめローン
中小消費者金融のまとめローン審査は、大手消費者金融よりも借入件数も借入額も対応します。
しかし、上限金利を確認して下さい。

シミュレーションをした上で、得か損かを確認することです。
大手消費者金融ブラックで、中小消費者金融に行く時、新規キャッシングではなく、まとめローンにしたいときには、必ずシミュレーションをしましょう。

借り換えローンは慎重に
まとめローンは借り換えですが、審査はありますし、一段と厳しくなります。
そして、ようやく審査通過したのに、返済額が大きくなったのでは、デメリットしか残らないということになります。
ホームページなどで、毎月こんなにお得になるという情報は多いですが、総返済額は確認することです。

10年間程度が借金一本化の返済期間の限度です。
10年間、10%以上の金利で返済を続けるということは、とんでもない返済になることをきちんと認識することです。
毎月の返済が少なくなるのではなく、総返済額がどのくらいなのかを確認してください。



▲TOPにもどる



総量規制対象外 メリットとデメリット


総量規制は年収3分の一で、消費者金融キャッシングの限度額です。
フリーローンでの限度額になりますが、多重債務でも対応です。
しかし、借金一本化のまとめローンは消費者金融対象外で、それぞれの消費者金融での限度額が指定されています。

限度額と年収
総量規制対象外ですが、返済できる限度額に設定されるのは当然です。
300万円の年収で1000万円のまとめローンはできないということです。
総量規制ほどガチガチではないですが、返済能力の高さ刃慎重に審査されます。

それがまとめローンは審査が厳しいと判断されます。
フリーローンの審査にはない収入証明書等の提出がありますが、信用情報などもフリーローン以上に見られます。

ブラックは審査落ち
信用情報での異動情報である金融事故が1つでもあると審査落ちです。
多額の借金一本化、少ないとしてもリスクの高い借金として、必ずブラックリストではないことが条件になります。

返済日が遅れる延滞者等も審査落ち。
本当に厳しい借金一本化の審査ですが、どんな借り換えローンは、それまで以上の返済能力の高さを要求されます。

消費者金融側の事情とまとめローン

消費者金融としては、総量規制対象外にすることで完済が絶位できることが条件として打ち出します。
そうしないと不良債権化することはしたくないです。
フリーローンのようにスピード審査や即日融資なんて言うことはなく、慎重な審査になります。

完済の保証としては、収入と勤続年数に注目します。
フリーローンが2年程度の勤続年数で審査通過しますが、まとめローンは5年程度は必要です。
収入では、パートやアルバイトなどはかなり審査通過は大変で、個人事業主は審査も受けられない場合もあります。
継続的に安定した収入がなくてはならない点で言えば、個人事業主の不安定さはまとめローンの審査では厳しいのです。

損をしたくないのは、債務者も消費者金融も同じです。
債務整理しそうな方の審査通過は絶対になく、厳しい審査で、まとめローン審査通過率はとても低いです。

それだけ、審査には慎重なのです。
総量規制対象外の限度額、そんな宣伝をしながら、なかなか審査通過しない、厳しいことです。

貸金業法の例外
貸金業法は消費者金融の法律ですが、まとめローンは例外になります。
融資額が大きくなり、金利は下がり、銀行カードローンと同じような内容になります。
金利が下がる大きなメリットが前面にでますが、返済期間が長くなると、多重債務のときよりも返済額が大きくなることも多いです。

シミュレーションをした上で、審査通過したあとで後悔しないことです。
内容を確認してからの申込がおすすめです。



▲TOPにもどる



審査が厳しいけれど、絶対良い商品とは言えないまとめローン


まとめ専用ローンもあります。原則新規借り入れができずに返済専用のキャッシングです。
内容確認は必要ですが、低金利のローンのはずが、そのメリットを感じられないことがあります。
それ以前に審査は厳しいです。

借金一本化のメリット
高い金利から低い上限金利の借り換えローンのまとめローン。
金利が下がることで得は大きいです。
返済日が1日になることで、延滞も防げます。

なんといっても多重債務解消が嬉しいです。
ホームページなどでもこんなに減るとあります。
金利が低くなり、審査が厳しいです。

それが、もっとお得感を大きく表現しています。
しかし、申込者の債務状況によっては、メリットがないまとめローンになることが多いです。

借金一本化のデメリット
低金利の借り換えローンでデメリットなんてある?
それが大ありです。
他社返済額なくなりますが、多重債務の額が大きい場合、1つのローンになったとしたら、どうしても返済期間が伸びます。

まとめ総額が大きくなり、わずかな低金利でダラダラと返済をしていると、それだけ金利がかかります。
要するに、長いあいだの返済が、デメリットです。
低金利カードローン比較などで、とことん低い金利のものがよいのですが、消費者金融のまとめローンはそうもメリットがないようです。

銀行系のまとめローンで10%以下であれば、メリットは大きいですが、大手消費者金融でも驚くほど低金利のまとめローンはないです。
ただ、まとめ総額が少ないまとめローンの場合、得は大きいですし、是非借り換えローンを検討してみて下さい。

審査が厳しいローンがすべて魅力的とは言えない

例えば、厳しい審査というと、あたかもそれが良い金融商品であることが多いです。
借金一本化が良い例です。

フリーローンより低金利のまとめローンですが、返済額が大きくなることが多いです。
中小消費者金融などでも、まとめローンはありますが、迂闊に契約をしないことです。

下限金利を確認した上でシミュレーションをしてからの申込をして下さい。
銀行カードローンでも内容によっては、上限金利であまり恩恵がない場合、返済回数が多くなるまとめローンはまとめ総額が大きくなります。
厳しい審査だから得、と軽く考えないことです。

多重債務者解消だけど
多重債務者は審査が難しいのですが、新規キャッシングも同様です。
審査に落ちたのが大手消費者金融の場合、中小消費者金融に行き小口融資も考えたり、まとめローンなども検討します。

しかし、この場合は、債務整理です。
まとめローンか債務整理かの迷いは、絶対に債務整理が有利です。
低金利とは言え、返済をしていく金利は続きます。

債務整理は、その金利をカットしたり、元金を減らすことができます。
まとめローンと債務整理は本質的違うのですが、迷ってしまう方は多いです。

▲TOPにもどる


このページの先頭へ戻る