借金一本化 審査甘い

  1. 借金の一本化は審査甘い?
  2. 審査甘い?消費者金融での借金一本化
  3. 銀行カードローンでの借金一本化で審査甘いポイントの見極め方
  4. 審査甘い?インターネット銀行で借金の一本化!
  5. 審査甘いわけでなくても借金一本化で金利がお得な銀行カードローン

 

 

借金の一本化は審査甘い?

貸金業者の借入の手続きが完了すると発行されるローンカードは、一度手にするととても便利ですよね。
コンビニの提携ATMなどから気軽にキャッシングができることから、ついつい限度額近くまで使ってしまいたくなってしまいます。
こうして最初は一カ所だった融資も、気が付けば複数のカードローン会社の利用者になっていたということもあります。

 

毎月の返済が順調に行われていればいいのですが、利用している金融会社の数だけ返済日があると管理も大変です。
早く借金の返済から解放されたいけれど債務整理をするほどではないという場合、金利も低くなるというのがおまとめローンでの一本化です。

 

おまとめローンで複数の借り入れを一カ所に一本化するという方法は、すでに大勢の多重債務者の方々から利用され、借金の完済が達成されてきました。
銀行系や消費者金融系などいくつもの金融業者から融資を受けている人を対象にしているので、審査甘いのではと誤解されやすいのですが、実際にはその反対です。
借り換え専用ローンを運営している側からすれば、一人あたりの貸付額が通常のキャッシングよりも大口融資になることから、しっかり審査を行い貸し倒れにならないよう厳しくなっています。

 

借り換えローンの審査は、どのような作業が進められているのでしょう。
申し込みをしたときに年齢や職業、勤務先に関する項目などいろいろな属性の申告を行いますが、それらがスコアリングシステムにより点数化されます。
たくさんの属性の項目がありますが、スコア(点数)が高く審査が通りやすい特徴を総括すると、一定以上の安定した収入を得ていて、延滞や貸し倒れのリスクが低い人ということになります。

 

おまとめローンに申し込みをしている時点ですでに複数のカード社などから借金をしている人なのですが、融資先件数が多かったり、返済残高が大きいと、審査落ちの原因になります。
もし、審査甘いおまとめローンがあったとしても、収入に対して借金の返済額の方が上回っていて、収支のバランスがよくなければ、当然融資を受けることは難しくなってきます。
返済プランが、すでに破たんしているからです。

 

審査の基準は借金の一本化商品を扱っている金融機関によって異なるでしょうが、一般的には以下のような属性の方は審査に通りにくいといえます。
正社員ではない、銀行から全く融資を受けることができない、離婚した経験がある、家に固定電話を引いていない、住居が賃貸であるなど。

 

住まいが賃貸であることがどうして借金の一本化の弊害になるのかというと、持ち家にお住いの人ほど返済ができなくなったときに安易に夜逃げできないからです。
その意味で、独身者より家族と同居している人の方が、その他が同じ属性の人と比べると審査甘い評価になります。

 

借り換えローンの申し込み前後に引っ越しをするなどこれらの項目に影響する予定が入ってる場合は、審査に通過しやすくなるよう手続きの日程と調整した方がいいのではないでしょうか。

 

▲メニューに戻る

審査甘い?消費者金融での借金一本化

一般的な融資の申し込みでは、銀行カードローンよりも消費者金融キャッシングの方が審査甘いという説があります。
銀行は金利が低いというメリットがあることと、なにより安心感があるということから、どうしても審査が厳しめになっています。

 

消費者金融は銀行よりも審査がスピーディで、即日融資可能なところも珍しくない状況です。
審査が早くキャッシングまでの時間が短いということは、その分銀行の方が審査にじっくり時間をかけられることになります。
審査を入念に行えれば、その分より正確な判断に近づくことができますので、貸し倒れや長期延滞などのリスクを抑えられます。

 

消費者金融はその反対ということになりますから、審査にかけられる時間が短い分だけ貸し倒れなどのリスクが高くなってしまうことになります。
そうなると、別の部分で損失を補わなければなりません。
その別の部分とは利用者が返済時に支払う金利ということになり、銀行カードローンより消費者金融キャッシングの方が高めの金利になっています。

 

このような理由から銀行より審査甘いことが期待できる消費者金融でも、借金を一本化するおまとめローン商品は扱っているのでしょうか。
まず、消費者金融で一本化できる借入先には以下の2つ制限がありますので、ご希望に沿っているか確認してください。
クレジットカードのショッピングの借金は、消費者金融で一本化ができません。
銀行からの融資の返済(銀行カードローンを含む)も、消費者金融でおまとめできません。

 

消費者金融について知識がある方はご存知なことかもしれませんが、貸金業法の総量規制により消費者金融などの貸金業者は、融資申込者の年収3分の1を上限としてしかか貸し付けができない決まりになっています。
おまとめローンで一本化をお望みの方は、借金の総返済残高が年収の3分の1を上回っている人も少なくないはずです。

 

となると、消費者金融で借り換えローンが組めないのかという話になってしまいますが、心配ありません。
おまとめローンは総量規制の対象外ですので、年収の3分の1を上回る融資も可能となっているからです。

 

しかし、審査落ちしないためにおまとめローン申し込み時の重要なポイントがあります。
消費者金融によっては、おまとめローンなど借金一本化を目的とした借り換えローンが設けられているところ。
さらに、通常のフリーローンや不動産担保ローンなどの商品を、おまとめローンとして利用するところと大きく2タイプに分けられます。

 

最初からおまとめローンとされている場合にはいいのですが、フリーローンなどを借金の借り換えに用いる場合には、使途がおまとめローンであることを消費者金融側に伝えることが重要です。
そうでないと、年収の3分の1を超えてしまう可能性があることから、大口融資過ぎるという理由で審査落ちする可能性がでてきます。
おまとめローンとして借り入れする場合には、必ずその旨を申請するよう気を付けましょう。

 

 

▲メニューに戻る

銀行カードローンでの借金一本化で審査甘いポイントの見極め方

銀行で借金の一本化をしたいとき、「おまとめローン」などの商品名を探してみてみ持つからないことが多いのではないでしょうか。
そもそも銀行は、カードローンの利用限度額で大口融資を行っています。
わざわざ別途おまとめローン商品を設けなくてもカードローンでまかなえてしまうことから、おまとめローンを作っていない銀行が多いのだそうです。

 

銀行カードローンには保証会社というものがあり、保証会社が申込者の審査を行っているということを知っていますか。
カードローンで借り入れをしている人がもし返済の延滞などをすると、その人に代わって銀行に保証会社が肩代わりをして支払います。
そのときから融資の返済先は銀行ではなく、保証会社に変わります。
銀行カードローンの公式サイトを見ると保証会社がどこか発表されていますので、誰でも閲覧することができます。

 

銀行カードローンで借金の一本化をするときも、審査は保証会社が行っていることから、審査甘いかどうかはその保証会社で判断するべきでしょう。
例えば、ゴールドローンなどで知られる三井住友銀行カードローンの場合、SMBCコンシューマーファイナンスが保証会社を行っています。

 

金融機関はおまとめローンや住宅ローン、自動車ローンなどさまざまな商品を扱っていますが、特にSMBCコンシューマーファイナンスはおまとめローンに関する融資のノウハウが優れていると定評があります。
大手銀行カードローンで借金の一本化をするなら、保証会社から判断して三井住友銀行カードローンがおすすめです。

 

おまとめローンの審査で定評があるといえば、オリックス銀行カードローンも忘れてはいけません。
オリックス銀行カードローンは他行とは異なり、2カ所の保証会社があります。
新生フィナンシャル株式会社とオリックス・クレジット株式会社が保証会社なのですが、私たち2社もあることは利用者にとって大きなメリットです。

 

借金をおまとめするべくオリックス銀行カードローンに申し込みをしたら、審査が開始されます。
もし、新生フィナンシャル株式会社の審査には落ちてしまったとしても、もう1つの保証会社であるオリックス・クレジット株式会社の審査甘いに通過しさえすれば可決して借り入れの一本化ができるのです。
新生フィナンシャル株式会社はおまとめローンの審査に関してとても豊かなノウハウを有している会社なので、審査に強いということです。

 

銀行にこだわらないなら、消費者金融アイフルもおまとめローンに最適だという記事を目にしました。
消費者金融の大手といえば、アイフルの他にプロミスやアコムがあります。
他の2社と比較すると、おまとめローンへの取り組み方の違いが明らかです。

 

アイフルでは「借り換えMAX」「おまとめMAX」という商品名のおまとめローンが作られています。
アイフルの公式サイトを見てみると、おまとめMAXなどの広告を効果的に行っており、どんなに力を入れているかが見てとれます。

 

他のプロミスとアコムの場合は「貸金業法に基づくおまとめローン」があるものの、公式サイト内であまりアピールしていませんし、アイフルとはおまとめローンに対して大きな温度差があります。
広告で積極的に押している金融商品は、その金融機関がどれほど力を入れていることの判断材料だと考えれば、大手消費者金融ではアイフルが突出しているのではないでしょうか。

 

 

 

▲メニューに戻る

審査甘い?インターネット銀行で借金の一本化!

審査甘いおまとめローンがあれば、すぐにでも申し込みたいという方はたくさんいるでしょう。
さまざまな金融機関が、おまとめローンや借金の一本化ができるカードローンを扱っています。
店舗を持たずネット上でやり取りをするインターネット銀行の場合はどうでしょう。
おまとめローンはあるのですが、審査甘いかというとやはり銀行であるということから厳しめかもしれません。

 

ネット銀行の楽天銀行にはカードローンがあり、名前は楽天銀行スーパーローンといいます。
最高800万円まで利用可能ですから、都市銀行並みに高額な水準です。
金利は年率1.9%〜14.5%で、アルバイト、パート、専業主婦の方なども申し込むことができます。
借金一本化の申し込み時には、どこの金融機関でも必要書類の提出を求められます。
楽天銀行はスマホにアプリをダウンロードしたら簡単に必要書類を送ることができますから、大変便利です。

 

インターネット銀行であるじぶん銀行は、携帯電話がauの方でしたら馴染みのある金融機関なのではないでしょうか。
auユーザーは一般の利用者よりサービスが豊富で、じぶん銀行で借金の一本化をすると金利が0.5%優遇されます。
店舗を持たないネット銀行に抵抗をお持ちの方も、じぶん銀行は三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資で誕生した銀行ですので、安心して申し込みができるでしょう。

 

利用限度額は800万円までと大口融資が可能で、なおかつ毎月の返済は1,000円以上で受け付けてくれますから、コツコツと無理のない返済計画を立てている方に最適です。
金利は、2.2%〜17.5%となっています。

 

ネット銀行ではありませんが、第二地方銀行の東京スター銀行は支店がないエリアでもインターネットから申し込みができWEB完結しますので、ネット銀行のように利用しやすいでしょう。
東京スター銀行といえば、おまとめローンのテレビCMで有名ですよね。
初めて申し込みをするなら、その分野で知名度の高い金融機関は安心感があるものです。

 

利用限度額は1,000万円と、銀行の中でもかなりの大口融資ができます。
金利は年率5.8%〜14.8%、仮審査は最短で3日です。
担保にできる不動産をお持ちで、1,000万円でもまだ借金の一本化に足りないという場合は、「スター不動産担保ローン」があります。
利用額は100万円〜1億円で、東京スター銀行の公式サイトに「おまとめ可能!」「資金使途自由!」とありますので、安心して堂々と借金の借り換えに役立てられます。

 

このように借り換えができる金融機関や商品はいろいろあります。
どこにいても場所を選ばずに申し込みができるネット銀行やネット申し込みは、平日の日中に忙しく銀行になかなか行っていられない方に最適です。
ライフスタイルにあわせて、ベストな選択をしてください。

 

 

▲メニューに戻る

審査甘いわけでなくても借金一本化で金利がお得な銀行カードローン

銀行というと決して審査甘い金融機関ではないのですが、それでも安心して借金の一本化ができること、低金利なので支払う利息を節約できることから、候補に入れておきたいところです。
どのような銀行で、おまとめローン商品を扱っているのでしょう。

 

イオン銀行のインターネット限定商品である「フリーローン」なら、他社の借金の一本化ができます。
融資額は30万円〜700万円、金利は年率3.8%〜13.5%と、低金利で大口融資なところが魅力です。
イオン銀行の公式サイトにも、「他社ローンからのお借換えもOK!」とありますので、名称がおまとめローンでなくても借金の一本化を目的として堂々と申し込めます。

 

横浜銀行といえば、サッカーの長友佑都さんのCMが放送されていますね。
横浜銀行カードローンも、公式サイトにて使い道の具体例にローンのおまとめが紹介されています。
融資額は10万円〜1,000万円、金利は年率1.9%〜14.6%、こちらもかなり大口融資をされています。

 

店舗に足を運ばなくても、24時間スマホやパソコン、FAXから申し込みができますし、郵送や営業時間内にはお電話でも受け付けています。
横浜銀行も商品名はおまとめローンではなくカードローンやフリーローンですが、使途としてハッキリ紹介されていますので、遠慮なく申し込みができるでしょう。

 

三菱東京UFJ銀行カードローンは、俳優の阿部寛さんが長年CMにご出演されています。
三菱東京UFJ銀行にはカードローン「バンクイック」と「ネットDE多目的ローン」の2種類から選ぶことができます。
金利と融資額が異なり、人それぞれどちらが適しているか一概にはいえません。

 

バンクイックは金利が年率1.8%〜14.6%、500万円までです。
ネットDE多目的ローンは金利が変動で年5.475%、50万円〜300万円です。
どちらの方が低金利で有利になるかは、判断が難しいところかもしれません。
変動金利はこの先どうなるのか、完済するまでどのくらいの期間がかかりそうかによっても損か得かが違ってきそうです。

 

三菱東京UFJ銀行の公式サイトに、どちらを選んだ方が有利かをテストする「かんたん10秒診断」がありますので、参考に試してみてはいかがでしょう。
ちなみに、申し込みをしてから融資を受けられるまでの期間は、バンクイックが最短即日、ネットDE多目的ローンは2週間くらいです。


このページの先頭へ戻る