借金の一本化でトータルの返済総額が増えることも頭に入れておく

借金の一本化は必ずすべての多重債務ができるものではありません。
消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠はできても銀行カードローンの部分はできないなどの制限があります。
銀行カードローンの場合、利用限度額が大きいですから、まとめローン審査ではなく、フリーローンとして借りて、あとの多重債務を完済する借り換えの方法もあります。

審査無関係でいくと、いっそのことこの方法が良いのですが、あくまでも金利差が大きいことが条件になります。
数%の差が、まとめローンの総返済額に大きく響きます。

債務整理を勧められた

弁護士に多重債務の相談をすると、まとめローンではなく債務整理を勧められることが多いです。
単なる借り換えでは、借金の解決法にはならないということです。
もし、銀行カードローンの債務が多く、大手消費者金融の債務が小さい場合は、わざわざまとめローンをするものではないということです。
まとめローンで難しいのは返済額の減少がどこに持ってくるかです。
ベストは総返済額なのですが、多くの金融業者出毎月の返済額を前面に出します。
ところが、弁護士はそのからくりを知っていて、毎月の負担が小さくなれば結果的に総返済額が変わらないことが多いです。
それなら。金利分カットの債務整理をしましょう、その方が合理的ということです。
無料相談などでは、そう言われることが多いです。

ブラックになりたくないからまとめローン

まとめローンを考えるとき、このまま多重債務の返済をしていくことで、ゆくゆくは債務整理をしなくてはならない、だから借金一本化です。
返済が辛いと考えるのですが、そのときにはもうときは既に遅いのです。
返済が大変だからまとめローンと言う時は、債務整理をしなくてはならないときです。
返済方法を1つの返済日、低金利と言うのは表面的メリットであり、最終的に返済額の増加という運命が待っています。

順調に収入が増えるとたいしたことではないと思うのですが、余計な金利を払うといったらどうでしょう?
まとめローンの良し悪しがここで気がつくはずです。
それを知っている弁護士だからこそ、まとめローンではなく、債務整理を勧める、借り換えは金融業者が喜ぶ行為だということです。

最小返済額がコレ、だから楽になる。
騙されていますよ、と弁護士に煽られることになります。
見た目で楽になるまとめローン。
必ずシミュレーションをして返済総額を確認することです。

目先の利益だけの追求はあとで、とんでもないことになります。
一番怖いのは、中小消費者金融のまとめローンです。
どうしても金利が高いことで、返済総額がとんでもない高額になるケースがあり、利息目的のまとめローン詐欺も多いです。

結局は債務整理しかない

そんな結論に成ることも多いですが、デメリットのまとめローンを知ることで、今がまとめローンなのか債務整理なのかを検討してみましょう。
弁護士の勧めるものがすべてではないことも当然あります。

借金の一本化でトータルの返済総額が増えることも頭に入れておく関連ページ

弁護士がすすめる債務整理 まとめローンの誤解
弁護士がすすめる債務整理 まとめローンの誤解。債務整理が一番?多重債務者で借金の一本化を弁護士の相談をしたのなら、迷わず債務整理を勧められることになります。最近、弁護士が借金相談を無料で行っているところか増えています
東京スター銀行のまとめローン
おすすめは東京スター銀行のまとめローン。出来ればおまとめローンは東京スター銀行で借りたい。東京スター銀行のまとめローンの審査が通るのなら、借金の一本化も考えて良いでしょう。それも多額の金額で、一桁の金利になります
まとめローンか債務整理か 答えは1つ
まとめローンか債務整理か 答えは1つ。現在ブラック、もしくは多重債務者でブラックになりかけの方が返済負担を小さくするために、まとめローンで借金の一本化を検討することがあります。クレジットカードのキャッシング、大手消費者金融、銀行カードローンだけではなく、中小消費者金融の借金がある方もいます

このページの先頭へ戻る