まとめローンの審査 なんとか通るためには?

銀行や消費者金融などのまとめローンについては、普通のキャッシングと同様に審査があります。
審査内容は一般には公開されていないことですが、
・一定収入
・過去に滞納や債務整理の経験がない
ことが大原則です。
まずは、ここで当てはまらない場合は、審査は難しいとされています。
まとめローンですから、現在の借金状況はあまり関係ありませんが、それでも額があまりにも高い、3社以上の会社からの借入がある場合も審査は難しいです。
借金返済が大変なのに、それで話が違うと思う方もいますが、必ず返済してもらえるという保証もないため、リスクに関しては一定のライン引きが必要です。
その基準は明らかにしていないですが。

 

収入と借金のバランスがあまりにもかけ離れている場合は、金融機関では大きなリスクを持ちたくはないのです。
住宅ローンと違い、長期間の返済するものではないですから、ある程度の金額までの借金と決めるのは当然のことです。

 

いわゆる総量規制は関係ないですから、年収の3分の一などに関係はないのですが、現在の借金の状況を踏まえて、申込みだけはしてみると良いでしょう。
消費者金融などの借金は、大した額ではなくても10%以上の利息はどうしても高く感じられてしまいます。
そして、まとめローンに掲げる10%以下の利息は本当に魅力です。

 

できれば、まとめローンで楽になりたいところですが、金融機関にしても審査を厳しくしないと、途中で返済ができないということになると、それが不良債権になってしまうことから、リスク回避のための審査は厳しいところもあります。
ですから、もう少しだけ返済額を小さくしてから申し込みをしてみるとか、そんな工夫も必要かもしれません。

 

まとめローンの審査 なんとか通るためには?関連ページ

銀行のキャッシングの方が良い理由
現在、銀行が発行する銀行カードローンで借金がある方もいますが、そのカードを確認してみると、大手消費者金融の名前が書いてあることが多いです。かつては大手消費者金融と言われていた会社は、あちこちの銀行傘下に入っていて、その銀行で発行しているカードローンは、実は消費者金融のものだったということがほとんどです。
オリックス銀行カードローンは審査が甘い?
多額の多重債務があったとしても、銀行のまとめローンが利用できた。消費者金融などで多重債務になっている方にとっては、信じがたいことかもしれませんが、これは現実にできるのです。多重債務を低金利の借金に一つにまとめることで、返済が楽になる。
審査にさえ通れば、まとめローンの方が絶対に良い
多重債務者でまとめローンができるのなら、今すぐ変更することをおすすめします。幾つかの違う会社の借金は、返済日も返済金額も違うことで、混乱してしまうこともあります。また、実は自転車操業的に、消費者金融の借金返済のための借入をしている場合も、借金の悪循環になっています。

このページの先頭へ戻る