宅配弁当の中にも腎臓病専用の製品もあります!!

腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、感染などで後天的に起こるものまでさまざまですが、健康診断を習慣化し、病気と無縁の生活状態を意識する事により健康的な生活を維持することが可能になります。ですが、腎臓病の中には症状が顕れなかったり無自覚なものもあるために、常日頃の健康管理が大事です。日常生活の中で普段と違う尿が出た場合は、医療機関を受診して下さい。毎日の食事についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、メニューに関するアイデアや、減塩のポイントなどを教えます。低たんぱく食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。一日における排泄物を検査し計算をします。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することにより、どの程度たんぱく質や食塩を摂っているのかを知ることが可能です。近年、腎臓のはたらきが悪くなる方が増加し問題となっていますよね。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を造りはたらきとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整を行ったり、赤血球を造り出したり、これらの機能は我々の体にとってとても大事です。言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し相応の対処も必要ですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。腎臓の機能に病的なサインが顕れた場合は、回復の見込みが少なく慢性腎不全に進行する確率が高くなります。進行の回避には早期治療の開始が望まれ、近年の医療技術がそれを実現し、病態の回復までとはいかずとも、悪化を食い止めることも不可能ではありません。また、末期腎不全まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、透析療法や移植といった腎代替療法の中でも多種多様な治療法も増えているので、個々の状態と環境にマッチした治療をうけることが出来るでしょう。腎臓病が進行して腎臓のはたらきが弱くなるといわゆる腎不全といわれる病態に移ります。病状が急速に悪化する急性腎不全と、長期間にわたりゆっくりと腎臓の機能を鈍らせる慢性腎不全があります。急性腎不全においては、的確な治療と腎機能の悪化に伴う要因を払拭出来れば、本来の腎機能を取り戻す可能性があります。慢性腎不全については、その特性により腎臓の機能が徐々に失われ、腎機能は回復しません。CKD治療の主なものは薬物治療と食事療法で、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、減塩食は高血圧において治療をしやすくし、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められていますよね。CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますよねが、日本人が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比較するとだいたい半分になるために、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、カロリー摂取が満たされないなどで、実施するのがむずかしい方持たくさん見られます。多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、カリウム摂取を減らす必要がありますね。野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、生の野菜や生の果物と違ってそのものに含まれたカリウムの量が圧倒的に多いです。そういったワケも含めて、もし腎機能が健康でない患者さんが、常常日頃から野菜ジュースを好んで摂っていると、さらに高カリウム血症の症状が顕れる惧れがあります。。腎臓の負担を軽くするためには、食塩制限が必要です。食塩摂取の適量は、一日6g未満とされているんですよね。市販で見かける加工品や塩蔵品をさけて、生の食品を選びてください。煮物や汁物などは、天然のだしをきかせてください。慣れてくると、薄味でもおいしく食べることが出来るでしょう。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質が多く含まれます。たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に市販でも購入できる「低たんぱく質食品」があります。具体的な使い方については、管理栄養士に相談して下さい。腎臓はソラマメに似た形をした臓器でちょうど腰の辺りに左右1個ずつあります。腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管がたくさん集まっている場所です。腎臓の主なはたらきは、たんぱく質の代謝により生じた血中のいらなくなったものを尿と供に排泄します。その他にも、体内に含まれる電解質の濃度を一定に保ったり、または、赤血球を創るホルモンや血圧のバランスをキープしたり、骨の代謝に関わるホルモンを創るなどの我々の体にとって大事なはたらきをしているのです。現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。60kg前後を標準体重とすると、おおかた必要な蛋白摂取量は、一日50gです。食品に含まれている蛋白の量についてはよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。これらの食事療法については、栄養士からの食事指導でいろいろと工夫してやっていけます。開業医さんで食事指導をうけられないときは、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、専門的な意見をもらってもよいでしょう。もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>腎臓病 宅配弁当 口コミ