まとめローンに不向きな方とは?

借金まとめるのは、まとめローンですが、返済が少なくなる場合のみ利用することが大切です。
そのメリットはそれだけです。
そして、絶対に借り過ぎないことです。
例えば、現在多重債務で残額が利息を含めて完済するのに必要なお金が120万円だとします。
では、まとめローンで少し多めの150万円を借りたいというのはNGです。
できないことはないのですが、30万円は余計です。

 

キャッシングやカードローンを利用する方の中でも、1万円しか必要ないのに、いちおう2万円借りておこうという方がいます。
これが、多重債務や債務整理に陥る第一歩です。
必要以上借りない、使わないのが鉄則で、このタイプの方は、まとめローンは不向きだといえます。

 

また、まとめローンを利用する際に、必ず返済できる保証があることも大切なことです。
とりあえず今のカードで借りることができたから、というのでは後で大変な目に遭ってしまいます。
きちんとした返済計画の上で、返せるだけのお金を借りることができる方に向いている方法でしょう。

 

そして、既に現在の借金に返済が難しい、だからまとめローンでなんとかしたい方については、最初からまとめローンではなく債務整理を選ぶことをオススメします。
返済は楽になりますが、今までと同じ借金は持ったままなのですから、債務状況に大差はないのです。

まとめローンに不向きな方とは?関連ページ

まとめローンと総量規制
借金を1つにまとめることで、楽になる返済ですが、あくまでも総量規制の余裕がある方が対象になってしまうのですが、一応審査だけ受けて、借入ができるのであれば、即乗り換えることをオススメします。 次の月からは、1回の返済でOKになります。
まとめローンは少額の方が借りやすい
多重債務の方にオススメのまとめローンですが、借入件数が多いと、それだけで審査が通らないこともあります。ただし、1つの借入が少額であったり、総量規制の限度に達していない、過去に返済滞納がないときには、可能かもしれません。
まとめローンと返済額
多重債務者で、毎月の返済が混乱してしまう方、まずは整理しましょう。それぞれの返済額、返済日を確認した上で、元金と利息を見てみてください。キャッシングやカードローンは、10%以上の利息がほとんどですから、毎月利息だけで随分支払っていることがわかります。
審査は厳しいけれど、試す価値あり
まとめローンは金融機関でも商品として販売しているのですが、一応に審査が厳しいです。銀行カードローンに関しては、総量規制対象外とされていて高額な融資ができます。ところが、独自の審査があり、これが案外と厳しいと評判です。

このページの先頭へ戻る