借金 一本化

お金の借り過ぎ注意!!
お金の使い過ぎ注意!!
その大丈夫大丈夫が命取り!!

 

これはカードローンの甘い罠とも言えるでしょう。

 

消費者金融などからついお金が借りやすいからと、審査に通りやすいからと次々借入していると借入件数がオーバーしたり、総量規制でお金が借りれない事になるかもしれませんよ。

 

ちゃんと借金は返済してからお金借りないと多重債務だってなるかもしれませんよ。

 

ただもし万が一、多重債務になっても、おまとめローンがあるから余裕なんて人もいたりするでしょう。

 

しかしおまとめローンは借金を一本化するだけなので、実際は返済金額が半減したりとか金利カットで支払い返済していけるようにするというものではありません。

 

つまり返済額は変わらないんです。
よくおまとめローンで多重債務から楽になれるという人もいるみたいでしたが、おまとめローンでは借金返済は続くし決して返済が即終わるとかではないので、余裕ぶっている人は勘違いしないようにしましょう。

 

じゃないとせっかくのおまとめローン実行後でもお金を借りないと返済出来ないとか、多重債務が解決出来ないなんて事もあるでしょう。

 

借金一本化はあくまで今ある借入件数を一本化してくれるだけで、特別に借金返済が楽になる軽減化は出来ませんので間違いえないようにして下さいね。

借金一本化とは?

大人になったら誰でも一度や二度なら消費者金融や銀行でお金を借りた事ならばあると思いますが、中には返済回数が厄介だと思ったり返済額がかさんで支払い返済が難しいなんて事もあったのではないでしょうか。

 

ただお金が借りれるのが一般のカードローンだと思っている人も多そうですが、実は他社借入や複数のカードローンでお金を借りている人であれば借金の一本化も出来るようになっていたりするんですよ。

 

つまりお金を借りたいから借入のみでカードローンを利用するというだけでなく、借金返済したい人の為の借金の一本化というのもご利用出来るんですね。

 

だから借入が普通に総量規制オーバーとかで出来なかったり、他社借入件数が多くて審査に通らないなんて場合でもおまとめローンであれば審査に通る可能性があるんです。

 

借金一本化が出来るおまとめローンのメリットは他社借入を一つに絞って返済していける点だと思います。
これが出来れば今まで何回も何回も支払い返済していた事が一回のみの返済となってくれるので、月一回の返済でもう後は返済日が来ないという事になりますからそれだけ返済に焦らなくなるし余裕を持っておける事でしょう。

 

それに総合的にかかる金利も今までは複数社の金利分を合わせて返済していましたが、おまとめをすれば本命の一社の金利分のみで返済していけるので余計な利息返済も要らなくなるというものでした。

 

ですので借入件数が2件以上の人はおまとめローンを検討してみると良いでしょう。

 

低金利での銀行でおまとめするのが理想ですが銀行は審査が厳しいのでだめなら消費者金融でおまとめしておくようにすると良いでしょう。

借金一本化のメリットとデメリット

誰でも借金が増えれば借金の一本化をご検討する事だと思います。

 

銀行でも消費者金融でもおまとめローンが誰でも申し込み出来るので、おまとめローンで恐らく借金をまとめたり多重債務の一本化をする人がいる事でしょう。

 

借金の一本化を使えば今より返済方法が楽になるし、金利だって一つにまとめて返済するから、複数社の金利に泣かされる事もなければ返済日は月一回となってかなり余裕を持てる事になるでしょう。

 

意外とあちこち借入したカードローンの金利分を合わせて返済していると結構返済も大変になってくるというもの、これを一本化しておけば余分な金利の支払いをしなくなるので度々過度に利息を取られなくなるメリットがあるでしょう。

 

よくおまとめローンは多重債務者がするものという人もいるのですが、実はこれ間違っていて借入件数が少ない場合であっても高金利の借入がある人は低金利の金融会社でおまとめするというのはある意味賢い人だと言えるのです。

 

ただ借金の一本化のデメリットとして今の金利より上回る所でおまとめローンをしたとすれば、逆に返って損をするというパターンがありましたので今の金利とおまとめする会社の金利の情報はちゃんと比較してわかった上でおまとめローンするようにして下さい。

 

でもこれさえちゃんと出来ていれば借金一本化のデメリットってそんなには無いものだと思いますから、借金はあるけれどまだ返済出来る範囲内なのであれば是非債務整理を急ぐ前におまとめローンを検討してみましょう。

更新履歴


このページの先頭へ戻る